ボートラダー”S" また作りますが…  送料ご負担のお願い

ボートラダーPROの安価版として

手売りしてきたボートラダー”S”ですが、

ここにきてけっこう売れてまして。

 

20151006_143248

 

本当にありがたいのですが、

じつは売れれば売れるほど

自分の首を絞めているのです。

 

ボートラダーはステンレスが良い、

というコンセプトを浸透させたくて

安いバージョンを作ったのですが、

そこに利益はほとんど考えてませんでした。

 

まあ赤字じゃなければ良いかな?

くらいでスタートしたのですが、

材料はガンガン上がるし

発送のための外箱やら人件費も

かさんでまして。

 

非常に心苦しいのですが、

送料無料を廃止させて頂きたい、

というお願いになってしまいました。

 

スポンサーリンク

とにかく使って欲しかった

 

ボートラダーって高いってイメージがありまして。

 

うちでだしてるボートラダーPROなんて

26500円です。

20160220_090549_001

これって普通に考えたら高いですよね。

 

でも使い捨てじゃない、

一生ものの道具と考えれば

激安だと思います。

 

アルミ製のラダーの寿命って

どのくらいですかね?

 

チャプターに出ている知り合いに聞いたら、

毎週通うレベルの人なら一年くらいだと。

 

それって消耗品じゃないですか。

 

10年使うなら、

一個の価格×10ですよね。

 

しかもそのたび探して買いに行って、

もしくはネットで注文して、

という手間がかかるし。

 

修理が利かないのもネックですよね。

 

ってこれ何回も言ってるな…。

 

まずはステンレスラダーを使って欲しいんですよ。

で、良かったらステップアップして

PROタイプにして欲しいな、と。

 

その際に、

先に買ったボートラダー”S”は

ヤフオクかなんかで売ってもらっても

良いかと思ったんですよね。

 

多少使用感があっても、

頑丈なので問題ないだろうし。

 

スポンサーリンク

ボートラダーPROはフィンが大きい

 

20160220_090938

タイプSタイプPROの違いはいろいろありますが、

フィンが大きいというのがあります。

 

フィンの部分が大きいとラダーの利き具合に

けっこう差がでるかと思いますね。

 

エレキが小さくてあまりパワーが無いタイプなら

タイプSで十分機能すると思います。

 

エレキをステップアップして、

例えばモーターガイドのF54以上になると

フィンの大きさの違いは体感でわかるでしょう。

 

ラダーが付いてるのと付いてないのでは

まったく操船のしやすさが違います。

 

フィンが大きいほど船の挙動を

抑えられますからね。

 

なので近々フィンの大きなタイプ”S”も

作ってみようかなと思ってます。

 

実験に協力してほしいのです

 

次の製品のために利益をとらないと

メーカーとしてやっていけないのです。

 

泣き言ではなく、

自分がまだまだ甘かったという反省ですね。

 

先に買ってもらったお客さんが得したみたいに

なってしまいますが、

何せまだ物販を始めたばかりですので。

 

実質一人でやってましたが、

両親が発送などを手伝ってくれてます。

 

少しずつ要領もわかってきましたが、

まだまだわからないことだらけで…。

 

先日もネットで決済頂いてるお客さんに

コレクト伝票で発送してしまったり。

(本当に失礼しました)

 

ものづくりは長年やってきたので

迷いはないのですが、

メーカーとして一本立ちするには

物販をしなくてはやっていけません。

 

自分の大きな目標でもある

自社製品を自社で販売するという

目標をすこしづつ叶えつつあります。

 

これからも価格設定などは

コロコロ変動するかもしれませんが、

どうか暖かい目で見てやってもらえれば幸いです。

 

かけづか
フェイスブックの「いいね」&ツイッターのフォローしてもらえると最新記事をお届けします。最新の記事を見にいく

noteにて有料記事絶賛販売中!

note_logo42225222[2][2][2]

ブログには書かないマニアックなお話を読めます。

リザーバーのカバーで深いバイトを得る方法

テキサスリグのカバー中層シェイクでバイトを出す裏技 ●他

購入はこちらから


スポンサーリンク




スポンサーリンク





★☆★★☆★ 良かったらこちらの記事もどうぞ ★☆★★☆★



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です