亀山ダムの最難関カバー!  竹のレイダウンに絡んだブッシュを攻略する

さあチャプター房総が今月開幕という

タイミングですね。

 

ここでこれを明かしてしまうという

暴挙に出ます。

 

まあチャプターに出てくるメンバーなら

みんな知ってるかもしれないですけどね。

 

nature-forest-trees-bamboo-medium

 

亀山によくある竹のレイダウン。

これの攻略方法について

考えてみましょう。

 

スポンサーリンク

カバー打ち難易度の考え方

 

まず単純なカバーの密度で言うと、

レベル1 シャローの立ち木周り

 

 

レベル2 シャローのレイダウン

(単品)

 

レベル3 シャローの土砂くずれ

↓イメージ (レイダウン込み)

2016-02-03 12.03.10

 

レベル4 岩盤のオーバーハング

↓(これの攻略はこちら

2016-02-03 13.59.03

 

レベル5 岩盤絡みの浮きゴミ

(大規模なやつね)

20150915_083410

 

 

レベル1000 竹のレイダウン絡みのブッシュ

 

となります。

 

とにかく竹のレイダウン絡みのブッシュ

(以下竹ブッシュ)については

最高難度のカバーと言えるでしょう。

 

ただし難易度が高いほど釣り残しも多く、

そもそも最初から真剣に狙わない、

というアングラーも多いのではないかと。

 

自分のようなフリッパーには

そこが狙い目です。

 

スポンサーリンク

難攻不落?

 

自分は近年の琵琶湖を

釣った経験がないので

パンチングをやったことがありません。

 

これは自分のイメージなのですが、

おそらく現代バスフィッシングで

一番難易度の高いカバー打ちは

パンチングではないかと予想してます。

 

で、亀山の竹ブッシュですが、

パンチングとはまったく違うアプローチに

なると思ってます。

 

なぜパンチングを

引き合いに出したかというと、

竹のブッシュはパンチングに比べると

攻めようがあるから、という事です。

 

自分のイメージするパンチングは

物理的に密度の高いウィードマットを

重いシンカーで貫き、

バスをかけたら無理クリに引っ張り、

ウィードごと抜き上げる、

みたいな。

 

つまり力技というか。

 

琵琶湖アングラーの方に怒られて

しまいそうですが、

未経験者の感覚としてそんなイメージです。

 

亀山で最高難度のカバーは

それとは全然ちがう、

攻め方に法則があるという事を

説明したいと思います。

 

難航不落ではないですよ。

 

スピニングでも取れる?

 

ずばりアプローチの方向がすべてです。

 

竹がやっかいな理由をいくつか

挙げてみましょう。

 

1 枝葉が細かく入り組んでいる。

2 節がたくさんある。

3 かならず数本まとまっている。

4 倒れこんでいる岸にも密生している。

5 まとまって一塊になってるので

カバーに高さがある。

 

と、こんな感じですよね。

 

さらに、

「兵どもが夢の跡」状態で

ロストしたルアーやラインが

余計に攻めにくさを増してます。

 

でも攻める方向を考えれば

たとえスピニングタックルでも

確立高くバスをキャッチできるんですよ。

 

それは枝に沿ってアプローチする、

ということです。

 

これは意外と面倒くさいんですが、

馴れるとリズム良く打てるように

なります。

 

竹の形状を良く見ると、

枝からまた小さい枝が出て、

さらにそこから小さい枝が、

という具合に入り組んでるんです。

 

Bamboo, Green, Leaf, Sky, Environmental

 

でも一本の枝の先端に向かって

細く、そして各枝が先端に向かって

生えているんですよ。

 

竹の本体から出ている太めの枝、

そこに狙いを絞って、

枝の付け根から先端に向かって

ルアーを引いてきましょう。

 

適度に引っかかりながら、

最後は簡単に回収できます。

 

これは魚がかかったときも同様で、

枝の先端に向かってファイトすれば

最後は竹から引き出すことができます。

 

まちがってもボートポジションを間違えて、

竹先端から根元に向かってアプローチしても

節や小枝の餌食となって

まともに釣りにもならにでしょう。

 

太い幹をまたぐようにアプローチするのは

絶対にダメですよ。

 

大きな竹を岬に見立てて、

そこから斜め横に生えている枝に

丁寧にアプローチすると思いのほか

簡単に釣れたりしますよ。

 

大きな竹をぐるりと回るつもりで

アプローチしてみてください。

 

小さな枝ならスピニングタックルでも

ちゃんと魚が取れますよ。

 

まとまった竹なら無理でしょって?

 

大規模な竹のブッシュは

本当にやっかいですよね。

 

Bamboo, Shoots, Plants, Yellow, Woods

 

でもここで大技を発動すれば

大丈夫ですよ(笑。

 

アメリカンな発想でいきましょう。

竹を船で掻き分けます。

 

もう突っ込んじゃうんですよ。

 

竹同士を分断しちゃうんです。

 

その時はさすがに釣れないかも

しれません。

 

でもそこが良いカバーなら

何回も入り直す事で

タイミングが合えば釣れるんですね。

 

なので最初の突っ込みは投資です。

 

ちょっと意地悪ですが、

自分が立ち去る時はなんとなく

竹同士をくっつけておきましょう(笑。

 

Repair, Glue, Fix, Adhesive

 

一応カモフラージュしておいて、

時間をおいて入り直しましょう。

 

自分はそこが分断していることを

知っている訳ですから、

安心してブチ込みましょう。

 

根元から先端へ、

の法則にしたがってアプローチすれば

根がかりを気にしないで攻められます。

 

良いカバーは何度でも入り直して

何本でも釣るべきですね。

 

そして移動するときは

そっと竹を密着させてからですよ。

柱| ̄m ̄) ウププッ

 

このときフリッピングロッドのバットなどで

簡単に引き離せるくらいが

目安ですね。

 

フリッピングロッドはそのために

長いのですから(笑。

 

さて基本的なアプローチについては

このくらいでしょうか。

 

じつに男らしい、

正々堂々としたアプローチでしたね。

(どこがじゃ)

 

次回は具体的な釣り方を

説明してみたいと思います。

 

かけづか
フェイスブックの「いいね」&ツイッターのフォローしてもらえると最新記事をお届けします。最新の記事を見にいく

noteにて有料記事絶賛販売中!

note_logo42225222[2][2][2]

ブログには書かないマニアックなお話を読めます。

リザーバーのカバーで深いバイトを得る方法

テキサスリグのカバー中層シェイクでバイトを出す裏技 ●他

購入はこちらから


スポンサーリンク




スポンサーリンク





★☆★★☆★ 良かったらこちらの記事もどうぞ ★☆★★☆★



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

wpmaster

本名 欠塚実(カケヅカミノル) 46歳 既婚 子供三人の父親 東京都足立区在住 ホームレイクは亀山湖 現在チャプター房総に参戦中 仕事は主にリールパーツの切削加工 弱小ブランドKAKEDZUKA DESIGN WORKS代表