亀山ダムのカバー打ち 安価なフリッピングロッドを作って欲しい

現在フリッピングにはTDバトラーリミテッドの

ハリアー80を使ってます。

 

20160229_020738

 

でもこれってデッドストックで、

オークションなんかでも

出てこないんですよね。

 

というか、

フリッピングロッド自体が中古で

出てこないです。

 

新品で買うと結構しますよね。

 

なので、

安価版のロッドラインナップにも

フリッピングロッドを入れて欲しいんです。

 

なんでないんでしょうかね?

 

フリッピングロッドこそ安いモデルを作らないと

誰も使わないでしょう。

 

7フィートくらいのヘビーアクションのロッドなら

それ以上強いロッドはいらない、

って考えなんでしょうか?

 

だとしたら悲しい。

 

こんなに釣れるのに。

 

スポンサーリンク

やればわかる、やらないとわからない

 

Free stock photo of healthy, person, woman, sport

 

一般のアングラーで、

本気でフリッピングをやったことある人って

どのくらいいますかね?

 

亀山に20年以上通ってますが、

一度も見たことないです。

 

大体長くても7フィートくらいのロッドで

打ってますけど、

キャッチ率どのくらいでしょうか?

 

自分の場合、

ピッチングとフリッピングなら、

圧倒的にフリッピングの方が釣れますね。

 

でもロッドが専用設計じゃないと

やりにくいでしょう。

 

ただ長くて硬いだけのロッドでは

フリッピングはできません。

 

Laundry, Leash, Dry, Dry Laundry

 

フィールドの特性もあるでしょうけど、

亀山でフリッピングするなら

エクストラファーストテーパーで

若干やわらかめ。

 

もちろんバットは強靭で

ゴーマルクラスが普通に抜けるような

粘りと強さが欲しい。

 

 

やっぱりそうなるとハイエンドクラスの、

しかも一番高いロッドになっちゃいますかね。

 

フリッピングなんて

ただでさえやらないのに、

そんな高いロッド誰も買わないですよ。

 

8フィートのフリッピングロッド、

実売3万円以下で出ないですかね?

 

やれば釣れるのに…。

 

スポンサーリンク

求められる性能

 

フリッピングロッドって、

ただ硬くて長いロッドだと

思われてますかね?

 

全然ですよ。

 

意外と柔いです。

 

Yoga, Girl, Sports, Asana

 

ルアーをはじき出す時なんか

すごく曲がりますしね。

 

でも、じつはフリッピングロッドも

状況によって使い分けしたい部分が

あるんですよね。

 

亀山のようなブッシュカバーが

豊富なレイクの場合。

 

カバーの中でシェイクするためには

エキストラファーストテーパーが

望ましいのです。

 

でも、いざ魚がかかったときは

無理やりカバーから引きずり出さないと

いけないですよね?

 

なのでバットは強靭であること。

そして粘いこと。

 

できれば超軽いこと(笑。

 

 

でも都合が良いことに

8フィートくらいになると、

エキストラファーストテーパーは

スローテーパーとも言える訳です。

 

8フィートクラスのロッドでフリッピングとなると、

ティップだけで飛ばせる重さのシンカーを

使う事はないですからね。

 

それでいて、

いざバイトがあればロッド全体で

フッキングをくれるという感じになります。

 

これは使い手を選ぶロッドになりますけどね。

 

ルアーをアクションさせてるときは

ロッドの先端部分を使い、

バイトがあればバット部分を意識して

合わせをくれてやるという。

 

このときへたに先端部分に負荷がかかれば、

いともあっさり折れてしまうことでしょう。

 

ルアーにアクションを加えるときは

十分にロッドを寝かせた状態で行うことが

大事です。

 

ロッドを立て過ぎた状態でのフッキングは

どんなロッドでも折れますけどね。

 

自分のような非力なオッサンにとっては

基本両手で扱うロッドですよ。

 

まさに物干し竿。

 

レンタルボートと相性が良い

 

20150902_171051_R

今時のフリッピングって

レンタルボートだからおもしろい、

ってあると思うんですよね。

 

アメリカでも

フリップの名手と呼ばれる選手は

あえて小さいボートで

試合にでるらしいですよね。

 

昔アマケンさんがバサー誌に

そんなような事を

書いてたと記憶してます。

 

入り組んだバンクを丁寧に攻めるために

小回りの聞く小さいボートを

チョイスするんだとか。

 

仮に今亀山に

大きなボートを持ち込めたとしても、

小さいボートの方がカバー打ちは

やりやすいと思いますね。

 

逆に、

大きなボートでは

攻めきれないでしょう。

 

Bass Fishing Boats Near Shore

 

そうゆうフィールドって日本には

多いように思います。

 

軽いに越した事はないが…

 

老舗メーカであっても、

フリッピングロッドをラインナップしているところは

少ないですよね。

 

やっぱり採算が取れないんですかね。

 

出しても売れないのかなぁ~。

 

どんなに軽くしようとしても、

どうしても重くなってしまいますしね。

 

でもそこまで軽くなくて良いんです。

 

前にも書きましたが、

そんなメチャメチャ振り回すロッドでは

ないんですよ。

 

 

フリッピングの動作って、

ほんのチョッとした上げ下ろしだけです。

 

力の入れどころさえわかれば、

最小限の力でルアーを飛ばせます。

 

多少重くなっても良いから、

丈夫で安いフリッピングロッドを

出してくれませんかね。

 

ついでにゆうと、

リールは軽い必要はないでしょう。

 

ロッドとのバランスがおかしいことに

なっちゃいますからね。

 

全体の重心は手元にないと、

一日振れなくなっちゃいますよ。

 

あと高性能である必要も

あまり関係ないですね。

 

たまにピッチングするときもあるので、

最低限回転は滑らかな方が

良いですけど。

 

今時のエントリーモデルなら

全然問題ないでしょう。

 

まとめ

 

個人的にはSHIMANOさんに

作って欲しいですね。

 

Bicycle Circuit, Rear Derailleur, Gears

 

エクスプライドかゾディアスの

ラインナップに加えてもらえませんかね。

 

実売価格で2万円前後なら

即買いです。

 

とにかく代用が効かないんですよね。

 

7フィート6インチでも、

ちょっと短く感じてしまいます。

 

これは絶対8フィート欲しいです。

 

今の日本のロッドメーカーさんは

やらないですかねぇ?

 

だからと言って、

さすがに向こうのロッドは

重そうですよね。

 

どうしたものか…。

 

かけづか
フェイスブックの「いいね」&ツイッターのフォローしてもらえると最新記事をお届けします。

noteにて有料記事絶賛販売中!

note_logo42225222[2][2][2]

ブログには書かないマニアックなお話を読めます。

リザーバーのカバーで深いバイトを得る方法

テキサスリグのカバー中層シェイクでバイトを出す裏技 ●他

購入はこちらから


スポンサーリンク




スポンサーリンク





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です