バスフィッシングでの練習って? これも釣りの練習だ!という3つのこと

たくさんのバスプロの方が練習という言葉を良く使います。

 

メディアなどでたびたび触れてますが、トッププロレベルの練習は次元が違いますよね。

 

自分のような年間釣行日数の少ないアングラーは、練習をどう考えれば良いのでしょうか。

 

【ページへのいいねかツイッターフォローしてもらえると毎日最新記事をお届けできます】

スポンサーリンク

その1 一つのルアーを使いたおす

 

一つの釣りをやり通すのはもっともわかりやす練習でしょうね。

 

Wheelchair, Disabled, Man, Racer

 

その日がどんな季節でどんな状況でもスピナーベイトだけでやり通す、と決めて行くとか。

 

他のタックルやルアーは一切持たず、ロッド一本に同じスピナーベイトを何個かだけ。

 

釣れなくてもとにかくやり通してみるといろいろ分かってきますよね。

 

巻きのスピードはどのくらいが適当か、とかどのくらい早く巻くとバランスが崩れる、とか。

 

フルキャストでどのくらい飛ぶ、とかキャスト後にどのくらいでボトムに着く、とかね。

 

はじめは釣る気マンマンでスタートしても釣れないと飽きてきます。

 

でもそこでくじけずに、いろいろ実験する感覚で続けましょう。

 

キャストは間違いなく上達するでしょうね。

 

で、リズムとかタックルの特性とかが分かってきます。

 

もっと短いほうがキャストしやすい、とかもっとやわらかい方がブレードの振動を感じられるとかね。

 

そんな感じで練習に集中してると、忘れた頃にドカーンと釣れたりするんですよ。

 

それは一日それをやり続けたことでキャストの精度が高くなり、最適な巻きスピードが出来ていて。

 

なにより釣りたい釣りたいという殺気がなくなってますよね。

 

Kermit, Frog, Meadow, Daisy, Concerns

 

リラックスした自然体で釣りをしている状態になってます。

 

釣れる時ってそんなもんなんですよね。

 

それは毎日のように釣りをしているガイドの方とかバスプロの方と同じ境地なのかもしれません。

 

試合以外で殺気が出る事ってほとんどないでしょうからね。

 

そんな練習の繰り返しで自然と自信がついてくるんでしょう。

 

スポンサーリンク

その2 練習を重ねて得意な釣りにする

 

上に書いたことを実践していくと、自然とそれが得意ルアーになってきます。

 

Truck proud

 

その一つだけを集中的に練習する訳ですから当然ですよね。

 

バスフィッシングにはいろんな楽しみ方があります。

 

その時その時で色んなルアーやメソッドを試してみるのも楽しいですけどね。

 

でも、何かひとつ自分の得意な釣りがあるとわかりやすいんです。

 

たとえばテキサスリグ。

 

すべてのリグの基本といわれるテキサスリグが自分の得意な釣りだとします。

 

本気でこれをやっても、まったく反応が無い場合はバッサリ切り捨てるべきですよね。

 

thrown away

 

でもテキサスがそれほど得意でもない人は釣れないのがリグのせいなのか、自分の技術のせいなのか判断できません。

 

釣りのレベルにもよりますが、トッププロクラスのアングラーならその判断は早くて間違いないでしょうね。

 

いろんなルアーを平均的に使えるアングラーよりも一つの得意なものがあるアングラーの方が判断に迷いがないと思います

 

 

その3 そして自分の本番がいつなのか、を決める

 

試合に出ているアングラーなら本番といえば試合の当日ですよね。

 

The Ball, Stadion, Football, The Pitch

 

では試合に出ていない一般のアングラーにとって、本番とはいつの事なのか?

 

自分がローカルトーナメントに出ていた頃はこう考えていました。

 

来年の今。

 

つまり一年後の同じ季節の同じ状況です。

 

来年のことを言うと鬼が笑う、ではないですが、「そんな先のことなんて考えてないよ」、と思うでしょうか。

 

でもよく考えてみると、釣り人生の同じ季節、例えば春とか。

 

生きてるうちに70回か80回しかないのに、そのうち釣りができる春って何回くらいでしょうか?

 

釣り歴20年の人でも、例えば3月1日という日付の日は20回しかやった事がないんですよね。

 

そう考えると、ちゃんとやっておかないともったいないですよね。

 

一つの事をやりとおす日でも良いし、いろいろ試して実験する日にしてもその日良い釣りが出来たら、また来年以降も同じかそれ以上の釣りができるようにしたいですよね。

 

逆にまったく何も見えなかったら、次に同じ状況に当たったらまったく違う何かをやってみるとか。

 

とにかくその日の経験値を上げることが練習なのは間違いないでしょう。

 

同じ湖の同じ季節の、その一日はその日だけですからね。

 

つぎに同じ状況になったとき釣るために今やれることをやりましょう。

 

再現性というのはバスフィッシングの楽しみの一つですからね。

 

まとめ

 

結局一つのルアーをやり通せ、的な事を強要する記事になってしまいましたかね(苦笑。

 

この記事を見たからと言って、その通りにする必要なんてまったくありません。

 

楽しみかたは人そろぞれだと本心でそう思ってます。

 

たまに釣りに行ったときくらいなんとか一本獲りたいですよね。

 

でもただ釣るだけじゃなくて、狙って獲る一本は価値が違う、と思ってるんですよね。

 

自分がオッサンになってきたから余計強く思うことなのかもしれません。

 

初心者のうちはタックルを揃えたりいろんな釣り場にいってみるのも良いと思います。

 

で、初心者からレベルアップしていくと、ちょっと行き詰まります。

 

そこで今回の記事を思い出してもらえると少し方向性に影響がでるかもしれませんね。

 

読者の方の今後の価値ある一本に少しでも貢献できたら幸いです。(と、かしこまったシメ方をしてみる)

 

かけづか
フェイスブックの「いいね」&ツイッターのフォローしてもらえると最新記事をお届けします。最新の記事を見にいく

noteにて有料記事絶賛販売中!

note_logo42225222[2][2][2]

ブログには書かないマニアックなお話を読めます。

リザーバーのカバーで深いバイトを得る方法

テキサスリグのカバー中層シェイクでバイトを出す裏技 ●他

購入はこちらから


スポンサーリンク




スポンサーリンク





★☆★★☆★ 良かったらこちらの記事もどうぞ ★☆★★☆★



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

wpmaster

本名 欠塚実(カケヅカミノル) 46歳 既婚 子供三人の父親
東京都足立区在住
ホームレイクは亀山湖 現在チャプター房総に参戦中 仕事は主にリールパーツの切削加工 弱小ブランドKAKEDZUKA DESIGN WORKS代表