レンタルボート用ラダー PROタイプ 取り扱い説明書

こちらの記事は

WEB上の取り扱い説明書になります。

スポンサーリンク

オリジナルボートラダーPRO 取り扱い説明書

 

20160220_090549_001
ご使用にあたり

下記の説明・注意事項をお読み頂き

正しくお使い頂けますようお願いします。

 

ラダーの効果については こちら

 
仕様
オールステンレス製

レンタルボート用ラダーになります。
エンジン禁止のフィールドで

フロントにエレキ一台の場合、

ラダーがあると直進安定性が増し

ドリフトのようにリヤが流されるのを防げます。

 
オールステンレスという事で

剛性はアルミなどの物に比べて

かなり強いです。

 
製作者自身リザーバーでの

ローカルトーナメントの経験から

「ラダーはこうあるべき!!」
というノウハウを可能な限り詰め込みました。

 

 

スポンサーリンク

簡単にラダーの角度や向きが変えられます。

岸際を打っていく時、

風向きによってリヤが岸に寄ってしまって

釣りにくい時があります。

 

ラダーの向きを変えてやると

リヤが岸から離れて釣りやすくなります。
シャロー侵入時ラダーが邪魔な時は

簡単に跳ね上げる事が出来ます。

 

 

フィンの部分はやや大型の設定にしてあります。

フィンが小さいとラダーの効きが悪く

船がドリフトしてしまいます。
アルミラダーだと剛性の問題で

フィンを大きくできないのですが

ステンレス製なら問題ありません。
実際この大きさのラダーを

10年以上前から使ってますが

まったく問題ありません。

 

シャフトは長めの設定です

 

シャフトを深く水に入れるほど

ディープウォーターの釣りで船が安定します。
ヨットのラダーの原理で、

ラダーは長いほうが

あらゆる風向きにも安定します。
とくにディープの釣りの時

ポジションを取りやすくなります。

 

とにかく頑丈です

水中の障害物にヒットしたり、

突然浅くなってラダーを擦ってしまっても
構造上曲がったり折れたり

しないようになってます。(直進の場合)

 

◆ 高さ(全長)880mm

シャフト径Φ25×φ16

フィン寸法 300×250mm

クランプの最大開き幅 約80mm

 

 

使用上の注意点

 

クランプのノブはできるだけ

強固に締め付けてください。
水圧でズレたり外れたりする

恐れがあります。

 

シャフトを固定しているノブを回す際は

指などを挟まないように注意してください。

 

本製品はレンタルボートのリヤにセットし

エレクトリックモーターの動力を前提に

制作しました。
エンジンを動力としたボートや

ハイパワーのエレキをセットしたボートでの使用は

想定しておりません。
推奨セッティング

12V 54Lbクラス

ボート一般的なレンタルボート

アルミ12フィート12V以上のエレクトリックモーター、

もしくは複数のエレキをセットした場合などは

旋回時にクランプが外れる恐れがあります。
推奨セッティング内での使用でも

操船によってはクランプがズレたり

外れたりする事があります。
トランサム部の素材によっては

ズレ易いものがあります。

(スチール製や樹脂製など)
万が一の落下時を想定して、

ワイヤーやチェーンなどで

船と繋げての使用をお勧めいたします。

 

★ 製作の工程上

どうしても細かい擦り傷等あります。
熔接の際の焦げ取りに

薬品を使用しましたので

若干跡が残ってます。
どちらも使用には問題ありません。

 

KAKEDZUKA DESIGN WORKS
代表 欠塚 実

 

かけづか
フェイスブックの「いいね」&ツイッターのフォローしてもらえると最新記事をお届けします。

noteにて有料記事絶賛販売中!

note_logo42225222[2][2][2]

ブログには書かないマニアックなお話を読めます。

リザーバーのカバーで深いバイトを得る方法

テキサスリグのカバー中層シェイクでバイトを出す裏技 ●他

購入はこちらから


スポンサーリンク




スポンサーリンク





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です