【レインズホッグ】を買ってみた 今のところ釣れる気はしてない

普段はあまり商品レビューをやらないので馴れてませんが…。

 

レインズホッグを買ってみました。

 

【ページへのいいねかツイッターフォローしてもらえると毎日最新記事をお届けできます】

スポンサーリンク

エコ対応のブラッシュホグ?

 

みなさんこんにちは、ほぼフリッパーのカケヅカ(@kakedukzss)です。

 

レインズホッグ ヨシノボリ

 

亀山のカバーでテキサスやるときに使うワームのレパートリーを増やしたいんですよね。

 

前回の記事で書きましたが、今現在実績のあるエコワームってFエスケープリトルツインくらいしかなくて。

 

絶対条件としてエコ対応なことと、パーツが多いホッグ系かクロー系のワームであること。

 

昔ズームのブラッシュホッグを使ってたんですが、途中でマテリアルが変わっちゃったから使わなくなっちゃいましたね。

 

わかりますかね?表面ブツブツだった頃のヤツが良く釣れたんですよね。

 

もちろん今で言う修行をみっちり行ったうえでね。

 

スポンサーリンク

Fエスケープリトルツインの代わりに

 

Fエスケープリトルツインが普通に手に入るなら良いんですが、基本的に入手困難なんです。

 

カラーなんか選ぶ余地なしで、ネットで在庫あるときは全部買いですよ。

 

でも先々考えると、もっと簡単に調達できるワームが欲しいですよね。

 

カラーだって選びたいし。

 

で、ブラッシュホッグの後継である(おそらく)レインズホッグはどうかな? と。

 

レインズホッグ

 

今回は3.5インチのものを購入。

でもワンサイズ大きくてもよかったかも。

 

カラーは「ヨシノボリ」と「グリパン」。

画像はヨシノボリです。

 

大きさ的には昔のベビーブラッシュホッグより一回り小さい感じですね。

 

なんというか、マテリアルはけっこうハリがありますね。

 

造りはしっかりしてるかな。

 

↓ チラッ (*´ェ`*)ポッ

 

レインズホッグ

チョッとエロい。

 

そのままでは無理か

うーん、パッケージから出してそのまま使うのは抵抗あるな。

 

そのへんはジャパンクオリティーと比べるとイマイチなんというか…。

 

一本出してみたやつがもう曲がってるんだよね。 ↓

レインズホッグ

まあ安いのもメリットではあるけど、安かろう悪かろうではなぁ。

 

今回はアマゾンで購入したけど、8本入り875円が安いか高いかまだわかりません。

 

とりあえず煮なきゃダメかも。

 

肉厚は良い感じ

 

パドル部分の肉厚は良いですね。 ↓

 

レインズホッグ

これ自分的には大事なところなんで。

 

パドルの付け根が堅い気がするからやっぱり少し煮ないとダメかな。

 

で、そのあと漬け込み修行だね。

 

表面がツルツルしてるのもじつはあんまり好きじゃない。 ↓

レインズホッグ

 

エビフレーバー入りってあるけど、普通のワーム臭しかしないような…。↓

レインズホッグ

プライベートならまだしも、試合となると信じてるものしか釣れません。

 

次回釣行で使ってみた感想を改めて報告しますね。

 

今年は他にも調達して練習だな。。。。o(゚^ ゚)ウーン

 

かけづか
フェイスブックの「いいね」&ツイッターのフォローしてもらえると最新記事をお届けします。

noteにて有料記事絶賛販売中!

note_logo42225222[2][2][2]

ブログには書かないマニアックなお話を読めます。

リザーバーのカバーで深いバイトを得る方法

テキサスリグのカバー中層シェイクでバイトを出す裏技 ●他

購入はこちらから


スポンサーリンク




スポンサーリンク





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です