亀山ダムでテキサス 20年通って感じてること その②

亀山ダムのカバーに限った

テキサスリグについての考えを

自分的に語ってます。

 

前回はテキサスリグのシンカーや

使用するワームなどについて

書きました。

 

今回はテキサスリグとそれ以外のリグでの

違いを書いてみたいと思います。

 

スポンサーリンク

テキサスに代わるもの?

 

ここ最近テキサスの代わりというか、

派生型リグが出てますね。

 

”ビフテキ”リグとか。

hebinumaさんでも紹介してました。

 

これはまだ使ったことがないので、

うかつにコメントできないのですが、

たぶん自分はメインに使うことはないです。

 

よほどこれでないとダメな場面に当たれば

好きになっちゃうかもしれませんが。

 

実際テキサスより優れた効果が

あるのはわかりますよ。

 

でもこれじゃないんですよね。

 

自分の釣りには合わないです。

 

その大きな理由は、

自分がフリッパーだから、

という事です。

Dolphins, Show, Jumping, Water, Jump

 

今いろいろ出ているテキサスに代わるリグで

貫通性能とか吸い込みとかは

良いかもしれません。

 

でもどれもテキサスより圧倒的に

劣るものがあるんです。

 

回収能力。

 

その形状からして、

ルアーが自分の方に帰ってくる際

(つまりピックアップ時)

これほど完成された形が他に

あるでしょうか?

 

 

 

去年直リグを試してみたときも

感じました。

 

確かに貫通能力は優れている

でも回収時にやたらスタックして

リズムが悪かった、という事でした。

 

フリッパーである自分としては

釣りにリズムがでないのは

致命傷なのです。

 

回収時にいろいろ動作が入るのは

正直、非常に鬱陶しい。

 

むしろ貫通能力はほどほどで、

回収時にこそすんなりカバーを

抜けてきて欲しいのですよ。

 

なので直リグについても、

今後亀山では使わないでしょう。

 

亀山以外の質の違うカバーにおいては

その威力を発揮してくれるのでは

ないでしょうかね。

 

それかスタイルが違う、

そのカバーに命をかけて挑んでる人なら

良いかもです。

 

貫通さえしてくれれば釣れる!

と思って使うのもよいのでは。

 

スポンサーリンク

ラバージグとテキサスリグ

ラバージグ大好きです。

よく使ってましたね。

 

で、現在はというと

ほとんど使ってません。

 

これについてもJBのエコルールが

関係してまして。

 

過去に釣ったラバージグのほとんどは

自作したものなんです。

 

まだ大量にストックしてますね。

もちろんエコ対応な訳はなく。

 

しょうがないので

市販のラバージグを買って、

長期熟成させたビッグダディとのコンボで

いつものようにやってみたんですが。

 

o0720096013305735896_thumb

 

ポークについてはこちら

 

釣れません、ぜんぜん。

 

なにかが違うんですよね。

たぶん精神的な問題です。

 

今年の春はチョッと

練習してみようと思ってます。

 

これについてテキサスとの使い分けは

ありませんが、

カバーの濃さで使い分けるという感じです。

 

春先の、カバーの密度がまだ薄い時は

ラバージグの方が良いと思ってます。

 

Free stock photo of nature, branches, spring, leaves

 

ただし、スーパーヘビーカバーになると

貫通しないですよね。

 

カバーでビッグフィッシュを獲る確立でいうと、

圧倒的にテキサスに軍配が上がってます。

 

それは単純に狙ったところまで

落とせるかどうか、が大きいですね。

 

やっぱりテキサスの方がキャスト数が

圧倒的に多くなるのも

大きな要因でしょう。

 

自分の中では、

ここ一番大事なスポット、という

感覚って少なくて。

 

とにかく一つのカバーがあったら

なるべる少ない時間で多くルアーを

入れられるか、が重要だと思ってます。

 

フリッピングの場合ね。

 

ノーシンカーの釣り

 

カバーにノーシンカーを入れる、

という事をします。

 

まあホントたまになんですけどね。

 

使うワームはファットイカかな。

 

これもなるべくノー感じを感じたいから。

(意味通じてますかね?)

 

ここで言ってるカバーって、

ホントのヘビーカバーの事です。

 

なので、

カバーの中で何が起こってるのかを

まったく把握できないと、

掛かってもまずとれません。

 

スピニングタックルでやるような

小さなワームだと、

カバーの中のルアーがどうゆう状態か

わからないままやる事になりますよね。

 

それってバイトすらわからない時が

ありますからね。

 

ちゃんと魚をキャッチする事が目的ですから、

取れないとわかってるアプローチは

意味がないでしょう。

 

ノーシンカーと言いながら、

ネイルシンカーを入れてやることも

あります。

 

要は扱うベイトを重くしてやって、

カバーの中でも動きを把握したいんですよ。

 

テキサスには反応ないけど、

ノーシンカーなら反応する、

みたいな時はむずかしいですよね。

 

ワームの姿勢の問題だった、

みたいな。

 

これは自分にとっても課題だな。

 

まとめ

 

亀山湖のカバーに限っては

テキサス最強と断言させていただきましょう。

 

チャプター房総も来月に迫ってきたし、

世の中の人が直リグとかビフテキに流れてくれれば

自分の魚が狙いやすくなります。

 

いい年のオッサンになった自分としては、

今から新しいテクニックを練習してる時間は

ないのですよ。

 

今ある平均よりも突き出てるものを

最高レベルに近づける練習をした方が

楽しいし、勝利に近いと思うわけです。

 

若い方は新しいテクニックをドンドン

試して自分に合う釣り方を見つけて

もらいたいと思ってます。

 

が、

 

かつてダウンショットが

世の中を席巻した時にもそうでした。

 

心の師匠である林圭一さんの格言。

 

どんなにダウンショットが火を噴いても、

テキサスリグは永遠に不滅である、と。

 

かけづか
フェイスブックの「いいね」&ツイッターのフォローしてもらえると最新記事をお届けします。

noteにて有料記事絶賛販売中!

note_logo42225222[2][2][2]

ブログには書かないマニアックなお話を読めます。

リザーバーのカバーで深いバイトを得る方法

テキサスリグのカバー中層シェイクでバイトを出す裏技 ●他

購入はこちらから


スポンサーリンク




スポンサーリンク





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

wpmaster

本名 欠塚実(カケヅカミノル) 46歳 既婚 子供三人の父親 東京都足立区在住 ホームレイクは亀山湖 現在チャプター房総に参戦中 仕事は主にリールパーツの切削加工 弱小ブランドKAKEDZUKA DESIGN WORKS代表