『亀山ダムでのテキサス』20年以上通って感じてること その①

2016年2月に書いた記事のリライトになります。

 

昔は巻きものやライトリグもやっていた自分ですが、ここ数年はほとんどテキサスリグばかりやるようになってます。

 

亀山ダムにはカバーが豊富にあるのですが、その攻略がたまらなく楽しいんですよね。

 

【ページへのいいねかツイッターフォローしてもらえると毎日最新記事をお届けできます】

スポンサーリンク

亀山ダム×テキサスリグ

 

みなさんこんにちは、ほぼフリッパーのカケヅカ(@kakedukzss)です。

 

自分の亀山湖でのテキサスリグの使用頻度はかなり高いです。

 

20160222_003344

 

一日それしかやらない日も全然あります。そのくらい釣れるんですよ。

 

釣れるというのは数の事だけではなく、印象的な魚が釣れるという意味になるんでしょうね。狙って獲ってる感があるというか。

 

どんなリグで、どんな釣れ方をしても一匹は一匹なんですけどね。

 

まあ好きなんでしょうね、テキサスリグで釣るのが。

 

他の湖でもテキサスリグはやりましたが、亀山でというかリザーバーでのテキサスは独特かもしれません。

 

主にカバーを狙うテキサスリグを自分目線で語ってみたいと思います。

 

スポンサーリンク

シンカーは5/16オンスが基本

 

これって重いと思いますか?ってダジャレで言ってるんじゃないですよ(笑。

 

5/16オンスです。これ以上重くすることはあっても、軽くすることはありません。

 

↓ 画像右が3/4オンス 左が5/16オンス

20160222_004050

 

で、ボトムはとりません。オールシーズン中層を狙うんですよ。中層シェイクですね。

 

フリッピングの場合、日によってはポンバクが多くなるんですが、中層シェイクも多用します。

 

中層でシェイクするということは、カバーでの釣りですね。

 

ブッシュだのレイダウンがあってとして、それにラインをもたせてやって、その中層をシェイクで狙うやり方です。

 

Made in the Shade in July Springs

 

シンカーが5/16なのは、ラインを持たせてもベイトがしっかり動かせるためですね。

 

これ以上軽いシンカーだと、ラインを持たせたままルアーを動かしてもちゃんと動かないんですよ。

 

特にヘビーカバーなほど、手元にベイトの動きが伝わってこないです。つまりノー感じ。

 

それと、中層で食わせるメリットの1つにシンカーがボトムにあるより弱い力で吸い込めるのでは?というのがあります。

 

単純に食いやすいのでは?ということですね。

 

ならばシンカーをムダに軽くして使う側の感触を殺すことはない、という考えです。

 

ちょっと乱暴に言うと、

 

どうせ釣れるんだからやりやすい重さで良いじゃん、という。

 

ちなみに、食いが渋いと感じてシンカーを軽くしてもそれで釣れた記憶はないですね。軽くする意味は無いと考えます。

 

それなら違うリグでのアプローチを考えたほうが得策でしょうね。

 

中層テキサスで釣れるワーム

 

今まで一番実績があるのが2つあって(2016年2月時)

 

マルキューエコギアのロッククロー3インチと↓

20160222_003658 (1)

 

↓ノリーズ・エスケープリトルツインです。

20160222_003746

 

チャプター房総に出るようになってから、エコルールで上記のルアーは使えなくなってしまいました。

 

なので今は、「”F”エスケープリトルツイン」というエコ対応のワームを使ってます。

 

20160222_004946

 

チョッと値段が高い意外なにが違うのか良くわかりません。という訳で良く釣れます。

 

ただしこれが中々売ってないんですよ(涙。今期はこれの他になにか釣れそうなワームを探そうと思ってます。

 

さて、亀山のカバーで中層テキサスに使うワームは釣れる共通点があると思ってます。

 

パーツの多いクロー系・ホッグ系がよく釣れるということですね。

 

まあ当たり前でしょうかね。亀山でもそうなんですよ。

 

そんな中、逆に世間でよく釣れると評判のワームがまったく釣れないという事があります。

 

これは自分判断なのですが、クロー系ワームの中で丈夫なワームは実績がありません。

 

ズバリ言うと、エバーグリーンのダブルモーション、ベイトブレスのバイズクロー、ピュアフィッシングのパワーホッグなどは全く釣れた事がありません。

 

これはけっこう真剣に試したのですが、バイトが全くありませんでした。

 

どうもマテリアルが硬めで、パーツが丈夫なワームはどこか自分の釣りに合ってないようです。

 

別に中層シェイク意外なら普通に釣れるのかもしれませんが。

 

世間では上記のワームも「やわらかくて釣れたらだめになる」とあります。

 

でもエスケープリトルツインもロッククローも、釣れなくてもダメになります(悲。

 

で、その線引きで言うと、今流行りのZBC・スピードクローも中層シェイクにおいては釣れないワームだと思ってます。

 

自分が考える中層シェイクに適したワームの特徴は、ボディーよりも爪の部分が大きいこと、これですね。

 

なのでロッククローは本当に最高の形なんですけどね。

 

良い形だと思うワームはたくさんありますが、エコルールに対応している、となると限られてくるんですよ。

 

さて次回はテキサスリグとそれ以外のリグを比較してみようと思います。

 

合わせて読みたい

● 【晴れ限定?】亀山湖のカバー中層テキサスには黒いワームが良いと思う件

● 【まとめ】 エスケープリトルツインのテキサスリグ

● 亀山ダムでテキサスリグを使う一番大きな理由

● 【まとめ】 亀山湖の中層カバー攻略

 

かけづか
フェイスブックの「いいね」&ツイッターのフォローしてもらえると最新記事をお届けします。最新の記事を見にいく

noteにて有料記事絶賛販売中!

note_logo42225222[2][2][2]

ブログには書かないマニアックなお話を読めます。

リザーバーのカバーで深いバイトを得る方法

テキサスリグのカバー中層シェイクでバイトを出す裏技 ●他

購入はこちらから


スポンサーリンク




スポンサーリンク





★☆★★☆★ 良かったらこちらの記事もどうぞ ★☆★★☆★



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

wpmaster

本名 欠塚実(カケヅカミノル) 46歳 既婚 子供三人の父親
東京都足立区在住
ホームレイクは亀山湖 現在チャプター房総に参戦中 仕事は主にリールパーツの切削加工 弱小ブランドKAKEDZUKA DESIGN WORKS代表