亀山湖のカバー打ち  カバーでサイトをやるとき覚えておきたい”3つの事”

カバーでのサイトフィッシングって

釣れるんですよ。

Made in the Shade in July Springs

 

バスを見ながらアプローチするんですけど、

食ってくるのが見えるので

おもしろいですよ。

 

今回はそんなカバーでのサイトフィッシングについて

書いてみたいと思います。

 

スポンサーリンク

その1 バスを見て釣ろう

カバーに船をよせると

バスが見えるときがあります。

Stranded in the Shallows

 

そんなときはそのバスを見て

釣ることができるんですよ。

 

カバーなので丸見えっていうわけには

いかないですが、

浮きゴミ系のカバーにラインを持たせて

ルアーを宙吊りにしておくと

食うバスがいればロックオンしてきます。

 

ここでおもしろいのが、

バスが食ってから

けっこうタイムラグがあって

手元にバイトが伝わってきます。

 

この場合はあえて早合わせをしないで

手元にバイトを感じてからの方が

より深くフッキングできるように思います。

 

ロックオンの時間がやけに長く感じたら

ルアーをローテーションしてやったり

カラーを変えてやると反応が変わったり

しますよ。

 

このへんは普通のサイトと同じですね。

 

スポンサーリンク

その2 ブラインドでサイトしよう

 

場合によってはブラインドサイトのように

なるときがあります。

 

blinds

 

バスの姿が全部見えないけど、

いるのは間違いない、的な。

 

なんとなく魚がいるのはわかるけど、

食ったかどうかわからない、というケース。

 

この場合に目安になるのは

魚体がギラっとしたら

とにかく合わせてください。

 

普段は鳥などに狙われにくいように

背中の模様を上に向けてるのですが、

エサを襲う時だけ反転したり、

口を大きく開けるので”ギラッ”という

表現になります(笑。

 

これって普通にサイトフィッシングでも

キモになる部分ですよね。

 

バスの習性で、

ベイトの頭側に回りこんで食うという

行動がこのように見えるのだと思います。

 

ルアーにロックオンしてるバスを確認したら、

とにかく少しの時間ジッと待ってみてください。

 

Free stock photo of fashion, person, woman, hand

 

そして何か魚の見え方が変わったら

とにかく合わせてみるというのを

ぜひやってみてください。

 

ただこのとき、

ラインを強めに張るくらいの感じで

よいかと思います。

 

チョッと強めに聞いてみる感じですね。

 

接近戦でやってるので少ない力でも

フッキングパワーは伝わります。

 

フルパワーでフッキングしてしまうと

バスが食ってなかった場合

そのカバーをつぶしてしまうことになります。

 

フリッピングロッドでやってると

よくフローティングマットごと

釣り上げたものです。

 

その3 ギルを見て判断しよう

 

一等地に陣取っているデカイやつは

縄張り意識が強いと推測されます。

 

なので、自分のテリトリーに他のバスや

ギルがウロウロしていると

攻撃して追い払うといわれてますね。

BlueGill

おいしそうなカバーがあって、

そこに無警戒なギルや小バスが泳いでいたら

そこにはデカイヤツがいない可能性が

高いですね。

 

すでに誰か先行者に釣られたあととか。

 

でも数時間おいてまた戻ってきたとき、

ギルや小バスが消えていたら、

デカイやつが陣取っている可能性が

あります。

 

そんなときはカバーにルアーを持たせて

宙吊りにしてしばし待ちましょう。

 

もうその状態のままオニギリ一個

食べててもいいかもしれません。

 

気が付くとあなたのルアーに

デカイヤツがロックオンしてるかも。

 

まとめ

 

カバーのバスは警戒心が薄いうえに、

自分のすがたは見えてないと確信してます。

 

いわば自分の家にいる状態ですよ。

 

そこに呼び鈴をおして、

玄関まで誘いだしましょう。

 

おいしそうな食べ物で

ご機嫌を取りましょう。

 

そして言葉巧みに騙しましょう。

 

相手が油断したら一気に

家から引きずりだしてさらいましょう。

why so serious ?!

 

それはつまりくお腹が空いているところに

ニセモノの食べ物を見せて

だまして食べさせて。

 

そして針を口に刺して、

痛くてあばれるところを無理やり

引きずりだして

水の外に出し。

 

疲れ果てたところを

満面の笑顔で写真に収め。

 

最後の力を振り絞って暴れるのを

押さえつけてサイズを測り。

 

そしておしくもサイズが満足いかなかったら

チッ、と言ってやさしくリリースします。

 

なんだこのまとめ…。

バスアングラーは全員天国には

いけないな。

 

かけづか
フェイスブックの「いいね」&ツイッターのフォローしてもらえると最新記事をお届けします。

noteにて有料記事絶賛販売中!

note_logo42225222[2][2][2]

ブログには書かないマニアックなお話を読めます。

リザーバーのカバーで深いバイトを得る方法

テキサスリグのカバー中層シェイクでバイトを出す裏技 ●他

購入はこちらから


スポンサーリンク




スポンサーリンク





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です