14スコーピオンクラッチ難航  今回はてこずってるぜっ!

今自分の頭の中で

ZARDの”負けないで”が再生されてます。

 

今回のクラッチは中々難物チックな

感じです。

 

こんなにてこずったのは久しぶりですね。

 

スポンサーリンク

寸法合わせが最難関

20160217_144347

14スコーピオンのクラッチが特に

難しいとは思ってなかったんですが、

何かキモがあるのかもしれません。

 

弧を描くように降りるクラッチの

仕組みが問題なのかな?

 

07メタニウムと似てる感じなんですが、

クラッチを切るときの降り方が

ちょっと違うかな。

 

07メタのときも苦労したんですよね。

でも今回ほど行き詰ってなかったな。

 

SHIMANOリールの剛性感が

すごくアップしてるのか!?

 

だからほんの微妙な誤差も

ゆるされないとか?

 

スポンサーリンク

あきらめません

微妙に寸法を変えて削ってみる、

という繰り返し。

 

20160217_144402

 

クラッチ職人を自負していたのに、

まだまだなようです。

 

日々修行ですね。

 

それでもあきらめが悪いのが

長所ですから。

 

なんとなく原因が見えてきたような

気がするような気がしないような

するような。

 

まあやってれば何とかなるでしょう。

 

次の仕事が押してるんですが、

これが終わるまでやりませんっ!

 

て、大丈夫かなうちの工場。

 

かけづか
フェイスブックの「いいね」&ツイッターのフォローしてもらえると最新記事をお届けします。

noteにて有料記事絶賛販売中!

note_logo42225222[2][2][2]

ブログには書かないマニアックなお話を読めます。

リザーバーのカバーで深いバイトを得る方法

テキサスリグのカバー中層シェイクでバイトを出す裏技 ●他

購入はこちらから


スポンサーリンク




スポンサーリンク





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です