亀山湖のバスは人間に気づいている!? カバーは開き直って打て!

亀山に限った話でもないんですが。

 

カバー打ちをしていていつも感じるんです。

 

魚は人間の存在に気が付いていて、

それでも食ってくるんですよ。

I was there

 

特にヘビーカバーなほどそれを感じます。

 

ボートをカバーに突っ込んですぐそこの

隙間にテキサスをポチョンと落としてやると。

 

それで釣れるときは釣れちゃいます。

 

亀山湖にあるような、

規模の大きなヘビーカバーの場合。

 

バスにとって、

いくら怪しげな物体が近づいてきても

そのカバーから離れることの方が

危険だと判断してるのではないでしょうか。

 

スポンサーリンク

カバーとの距離感

 

Free stock photo of war, shoot, army, shooting

 

単発のカバーの場合、

ヘタに近づくとバスがそこからサッと

逃げるのが見えたりします。

 

そうゆう場面をなんども経験すると、

どのくらい近づくとバスが逃げるのか

わかるようになってくるんですよね。

 

そしてどう近づくとバスが逃げないかも

わかるようになります。

 

どう近づいても逃げるやつは

逃げますけど、

近づき方しだいでは逃げないことも

けっこうあるんですよ。

 

ここまでなら絶対逃げないはず、

という距離感がわかってくるんですよね。

 

Free stock photo of food, restaurant, camera, taking photo

 

でもそれはフリップで十分届くくらいの

距離でもあります。

 

つまりそれなりに近づいても

釣れるということですね。

 

スポンサーリンク

離れてやってもつまらない

 

カバーの釣りは接近戦がおもしろいです。

Fearless dragonfly

 

ボートポジションを遠めにとって、

カバーからかなり離れて狙うやり方も

ありますが、

自分はけっこう近づいてアプローチしますね。

 

バスへのプレッシャーを考えると、

なるべく遠くにポジションを取ったほうが

釣れそうに思いますよね?

 

でもそれってみんなやってますからね。

 

自分からすると、

キャストうまいな、って感じですけど。

 

でも亀山みたいなメジャーレイクだと

船がひっきりなしに通りますからね。

 

それに大勢の人が入れ替わり立ち代り

そのカバーを攻めますよね。

 

それってみんな似たようなことをしてるので

逆にバスが見切っちゃってるように

感じるんですよね。

Stare off

カバーから離れるメリットって、

じつはそれほど無いんですよ。

 

朝イチの誰もさわってないような

タイミングならわかりますけど。

 

その日だけで何人何十人が

そこをさわったかわからないようなとき。

 

離れたポジションからカバーを打って

釣れたことあります?

 

思い切って接近してみろっ!

 

強い口調になってしまいました。

 

でも本当にそう思ってるんです。

 

みなさん中途半端な距離から

狙ってますよ。

 

離れるなら離れる。

近づくなら近づく。

 

自分は離れたところからのアプローチは

釣れる気がしません。

 

The Queen Mary 2 and a Telephoto Lens

 

一度同船してもらいたいくらいですが、

自分はけっこう接近して打ちますよ。

 

まあフリッピング中心なので

あたりまえか。

 

ピッチングのフルでアプローチするくらいなら

もっと離れてフルキャストした方が

良いでしょうね。

 

でもスーパーヘビーカバーの場合、

それなりに接近しないと

ルアーの落としどころがわからないんじゃ

ないでしょうか?

 

ホントへたしたら、

ロッドでカバーに隙間を作って(ほじくって)

ルアーを入れ込みますからね。

 

それでドカンと出たひにゃあ。

 

大規模カバーへの近づき方

 

規模の大きなヘビーカバーなら、

じつはそれほど気を遣わなくても

バイトありますね。

 

亀山でいうと、

大規模ながけ崩れがそのまま

大きなヘビーカバーになってしまった場所。

 

これはけっこう不定期に起こりますので

探してみると意外な穴場があったりします。

 

これの探し方は、

切り立った岩盤の上を見ながら

船を流してみてください。

 

parking national firs

 

不自然に肌が露出した場所がありますので

その下に目視できるような水面ギリギリ

もしくは少し水面から木や枝が出ているのが

わかると思います。

 

そのしたが大規模なブッシュカバーになっていたり

することがあります。

 

こうゆう場所を見つけたら

もう船で真上に乗っちゃいましょう。

 

でもエレキは踏まないでください。

つかまることができる枝か何かを見つけて

そこを片手でつかみながらボートをステイ

させましょう。

 

そしてバーチカルでテキサスやラバージグを

スルスルっと落としてみてください。

 

High DIve Fremont

 

途中でドンっと持っていかれるような

バイトが出ます。

 

もしくはまだ全然ボトムにつかないはずなのに、

途中でラインがふけて、

ルアーの重さをまったく感じなくなったら

それはデカイやつ特有のバイトです。

 

良い場所に一匹で陣取ってるやつは

エサを他のバスと取り合って食うことは

しませんので、落ち着きはらって居食い

してるんだと思います。

 

かなり近距離で食ってくるので

すごくエキサイティングですよ。

 

単発カバーでも大丈夫

 

規模の小さなカバーでも、

ある程度水深があれば接近戦は

成立します。

 

例えば水深5~6mにある一本の木。

 

あるんですよ、亀山には。

今度写真撮ってきますね。

 

こうゆうところでもバーチカルな釣りで

釣れるんです。

 

やり方は簡単?

まずは狙いの木や杭に向かって進みます。

 

そして少し手前でエレキを止めて

惰性で進んでその木または杭を手で

つかんで船を止めます。

 

grab !

 

このとき真上でエレキを踏まないのと、

原始的ですが手でつかんで止まるのが

最大のキモですね。

 

他の棒なりオールなり、

ポール類で狙いの木をさわってしまうと

確実にバスに違和感をあたえてしまいます。

 

いろいろ試した結果、

今のところ手で止まるのが

一番最適な方法のようです。

 

それについては、

専用のポールを開発しようと

本気で考えてます。

 

岩盤や杭などに船を近づけるための

専用ポール。

 

何らかの衝撃吸収素材を使った

超接近戦用の武器。

 

まあマニアックすぎて売れないでしょうけどね。

 

話がそれました。

 

で、あとは杭に超タイトにルアーを

落とし込みます。

 

その木なり杭にちょっとした枝なんかがあれば

それにラインを持たせて落としてやれば

かなりタイトに落とせると思います。

 

バイトの出方は上に書いたのと似ていて、

グンっと持っていかれるようなバイトがでます。

 

ただしこの手の単発カバーではあまり

デカイやつが釣れた記憶はありません。

 

おそらく朝イチにトップなどで狙うと

でるのかもしれませんが、

よほどタイミングが合わないと

むずかしいようです。

 

まあキーパー場所くらいに考えて

おけば良いでしょう。

 

まとめ

 

近づきましょう。

超接近戦、

たまらなくおもしろいです。

 

結局バスとの距離感って

オープンウォーターなほど遠く、

ヘビーカバーになるほど近く、

というのが鉄則です。

 

ただおもしろいだけじゃなく、

理にかなってる攻め方でもあるんですよ。

 

それは過去記事でフリッピングについて

書いてますの参考にしてもらえれば

と思います。

 

とにかく間近でバスが食ってくる

エキサイティングな釣りを

ぜひ体験してみてください。

 

かけづか
フェイスブックの「いいね」&ツイッターのフォローしてもらえると最新記事をお届けします。最新の記事を見にいく

noteにて有料記事絶賛販売中!

note_logo42225222[2][2][2]

ブログには書かないマニアックなお話を読めます。

リザーバーのカバーで深いバイトを得る方法

テキサスリグのカバー中層シェイクでバイトを出す裏技 ●他

購入はこちらから


スポンサーリンク




スポンサーリンク





★☆★★☆★ 良かったらこちらの記事もどうぞ ★☆★★☆★



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

wpmaster

本名 欠塚実(カケヅカミノル) 46歳 既婚 子供三人の父親
東京都足立区在住
ホームレイクは亀山湖 現在チャプター房総に参戦中 仕事は主にリールパーツの切削加工 弱小ブランドKAKEDZUKA DESIGN WORKS代表