リールは軽ければ良いって訳じゃない!? KenDさんの記事に激しく同意!

かねてから思っていたことを代弁してくれてます。

 

Microphone, Mic, Vocal, Media, Mike

 

まあ単なる乗っかりとも言えますが。

 

DeeeP STREAMのKenDさんが

こんな記事を書いてまして。

 

軽けりゃ良いってわけじゃない!?軽量リールの落とし穴

 

 

記事の中にあるこの件

軽量リールを組み合わせたロッドに対する感想。

 

以下引用です↓

 

□□□□□□□□□□□□□□□

 

「しかし実釣で使い込んでいくうちに、不思議な感覚に陥ります。
組み合わせたワイルドサイドWSC610Mが、何だかいつもより重いように感じたのです。」

 

中略

 

「そう考えると、リールはとにかく軽ければ良いわけでは無く、合わせるロッドによっては逆に重い方が良いこともあるのではないかと思ったのです。」

 

ここまで引用でした。

 

□□□□□□□□□□□□□□□

 

いやぁ、すばらしいです。

自分も常々そう感じていました。

 

組み合わせるリールって

ロッドとの相性が大事ですよね。

 

じつは自分も8フィートのフリッピングロッドに

13メタニウムを組んでるのですが、

今期はもう少し重いリールに組み替えようかと

考えてました。

20151230_165831

理由はまさにこの記事にあるとおりで、

着眼点がすばらしいですね。

 

この記事の中にあるアイデアは

うちで作ってもよいかな、

なんても思ってます。

 

じつはとあるバスプロの方からも

まったく同じ要望を頂いてるので。

 

万人受けしなさそうなところも

なんか良い感じ。

 

かけづか
フェイスブックの「いいね」&ツイッターのフォローしてもらえると最新記事をお届けします。

noteにて有料記事絶賛販売中!

note_logo42225222[2][2][2]

ブログには書かないマニアックなお話を読めます。

リザーバーのカバーで深いバイトを得る方法

テキサスリグのカバー中層シェイクでバイトを出す裏技 ●他

購入はこちらから


スポンサーリンク




スポンサーリンク





2 件のコメント

  • 引用ありがとうございます(^^)
    やはりそう感じていたのは私だけでは無かったのですね!安心しました。
    バランサーは本当に欲しいです…需要があるかは分かりませんが(苦笑)。

    • この件は意外と同じ考えの人が多いかもしれませんね。
      リールが軽い方が色んなロッドとの組み合わせにおいて
      バランサーで調整できるメリットがありますから、
      そう考えると軽いに越したことは無いかもですね。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です