製作者自身がテスターをすると良い3つの事

ブログってスゴイですね。

 

14045819341_6651d70343_m (1)

 

ものづくりの仕事をしていて、

ブログの生かし方一つで売り上げに

大きな影響があるのかもって思いました。

 

じつはラダーが良く売れてまして。

 

先月末に出した商品がその日のうちに

売れてしまい、

昨日出品したラダーが

またお買い上げいただきました。

 

今までうちのラダーはまったく宣伝してなかったので

だれも知らないと思ってたんですよ。

 

でも、こうしてブログでステンレスラダーの効果を

自分の言葉で書いてみると、

共感してくれた人が買ってくれるのかも

しれませんね。

 

そんななか、

自分自身が製作者でもありテスターでもあるのが

良かったと思うことを3つにわけて説明したいと

思います。

 

スポンサーリンク

その1 現場レベルで設計できる

自分が欲しいものを自分で作る、

ということができる訳です。

 

construction-worker-concrete-hummer-vibrator-job

ラダーももちろんそうで、

最初市販のものを見たときに価格が

高いな、と感じたのがキッカケでした。

 

アルミ製のラダーが大手のプロショップで

売っていたのですが、

カラフルな色が付いてました。

 

でも、これって修理は無理なんだろうな、

ってすぐおもいましたね。

 

一万円以上の価格だったと記憶してますが、

そのレベルのものが使い捨てってキツいですよね。

 

しかも使い勝手が良さそうには

見えませんでしたし。

 

なら自分で作っちゃおう、と。

 

しかも実際に使い勝手を考えると、

小さいラダーって効かないんですよ。

 

自分が最初に作ったやつは

ステンレスの小さいヤツで市販品と

変わらない大きさでした。

 

結局それからどんどん大きくなって、

今では当時の倍くらいの大きさになってます。

 

今のPROタイプはすごく効きますよ。

 

 

スポンサーリンク

その2 修正がすぐできる

 

上記の内容にも通じるんですけど、

使っていて「もっとこうしたい」と思ったら

どんどんマイナーチェンジしていけることですね。

 

5267543482_5e87b86005_m

大きなメーカーさんだと広告とか初期投資に

たくさん経費がかかってますよね。

 

最初のロットが売り切れるまでは

製品の変更はそうそうできないでしょう。

 

うちのような小規模メーカーの場合、

どんどん変更できます。

 

最初に買ってくれたお客さんが

気を悪くするでしょうかね?

 

いやいや、

最初の方に買ってくれたお客さんは

次のロットが出るまでにその商品を

自分達だけが使えるという大きなメリットを

得ている訳です。

 

なにせ小ロットで作ってますから、

他にない商品をその時その人だけが

使って良い思いをしているんですね。

 

次にマイナーチェンジしたヤツが

値段は同じで性能的によくなってたとします。

 

jogger-jogging-sport-marathon-medium

でもそれは先行して使ってるひとが

良い思いをした後になります。

 

どの世界でも先行者優位というのは

先に使った人だけの特権ですから。

 

 

その3 ブログで直接報告できる

これには魅力を感じてますね。

 

ブログってその人の人間性がもろに

出ると思います。

 

まいにち書いてると素がでますよね。

 

キャラを作ってると続かないというか。

 

自分が良いと思ったものを作ってるのですが、

売るために適当な事を言ってると

見てる人にはわかっちゃうと思います。

 

こちらも必至で作ってるので、

その工程をすべて公開してる訳です。

 

そこに嘘はありません。

 

公開することにリスクはない訳です。

 

内容に関して誰かにお伺いを立てる

必要もまったく無いですし。

 

チャプターで出ている人間が

テスターを自分でやってますから、

試合で使えるレベルのものを目指して

やってます。

 

今後テストを人に頼む事はあると思いますが、

それもチャプターに出てるレベルの人になりますね。

 

試合に出てる人間は厳しいですから。

 

まとめ

製作者自身がテスターをすると何が良いか。

 

これはもう良いものが安くできる点につきますね

 

ちょっと手前ミソになってしまいますが、

自分がトーナメンターだということは

大きな要素であると思ってます。

 

地方のチャプターと言っても、

チャプター房総はあきらかにレベルが高い

ですからね。

 

そのなかでの使用に耐えられるものだけが

製品としてリリースされていきます。

 

レンタルボートにエレキというスタイルで

これだけ活発に運営されているフィールドは

中々無いんじゃないでしょうか。

(あとは高滝湖くらい?)

 

なのでこのフィールドでできた製品は

自身をもってお勧めする事ができます。

 

これからも亀山発の製品造りを

進めていきたいと思います。

 

かけづか
フェイスブックの「いいね」&ツイッターのフォローしてもらえると最新記事をお届けします。最新の記事を見にいく

noteにて有料記事絶賛販売中!

note_logo42225222[2][2][2]

ブログには書かないマニアックなお話を読めます。

リザーバーのカバーで深いバイトを得る方法

テキサスリグのカバー中層シェイクでバイトを出す裏技 ●他

購入はこちらから


スポンサーリンク




スポンサーリンク





★☆★★☆★ 良かったらこちらの記事もどうぞ ★☆★★☆★



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

wpmaster

本名 欠塚実(カケヅカミノル) 46歳 既婚 子供三人の父親
東京都足立区在住
ホームレイクは亀山湖 現在チャプター房総に参戦中 仕事は主にリールパーツの切削加工 弱小ブランドKAKEDZUKA DESIGN WORKS代表