メタルバウデッキのテストにいきたい 手ごたえありあり

裏フィッシングショーも無事に?乗り切って

また次の目的のために動かなければ。

 

裏フィッシングショーのなかで、

数人でしたがメタルバウデッキのことを

ご存知の方がいたんです。

20160127_102344_001

完成したらぜひ使ってみたいと

言ってもらいました。

 

こうなると早くテストをして

製品化まで一気に加速したいところです。

 

数タイプ考えてます

 

今回もっていったやつは

エレキを船に上げることができる

タイプなんですが、

他にも数タイプ考えてます。

 

当初のプランでいくと、

エレキがあがらなくても良い、

という考えのものも作ります。

 

それはエレキのシャフトを逃がす

機能のみついたタイプですね。

 

 

 

やはりレンタルボートでやる遊びですから、

ボートにやさしくなければ絶対に

成立しません。

 

エレキがセンターに付くタイプも

 

今のタイプはエレキがセンターではなく、

オフセットしてつくタイプなんですね。

 

バウにたいして左側にセットする

タイプになってます。

 

これのメリットは本体をコンパクトに

することができるということになりますね。

 

20160125_114735

 

でもエレキがセンターにないとやりにくい、

という声もありましたので、

これに対応するタイプも作ろうと思います。

 

ただしそれについては

エレキの上げ下ろしはできなくなります。

 

出来るだけ安くしたい

 

メタルバウデッキを作ろうと思ったキッカケは

現在のレンタルボート用の装備が

多すぎるからです。

 

その中でもバウデッキはムダにでかいと

思いませんか?

 

そしてムダに重い。

 

もともと大型のバスボートでの

使用を前提に作られてる訳ですから、

レンタルボートには

オーバースペック過ぎるんですよ。

 

20160128_162111

バウデッキが取るスペースでかすぎ↑

 

いまどきのおとうさんは釣りのたびに

荷物を積んで下ろしてしなければ

なりません。

 

行きはともかく、

帰りはツライ(とくに釣課が良くないと)

ですよね。

 

もっとお手軽にできるのが

レンタルボートフィッシングの良いところ

のはずですよね。

 

ならとことんシンプルなスタイルが

あってもよいはず。

 

KAKEDZUKA DESIGN WORKSでは

シンプルなレンタルボートフィッシングを

応援したいと思ってます。

 

かけづか
フェイスブックの「いいね」&ツイッターのフォローしてもらえると最新記事をお届けします。最新の記事を見にいく

noteにて有料記事絶賛販売中!

note_logo42225222[2][2][2]

ブログには書かないマニアックなお話を読めます。

リザーバーのカバーで深いバイトを得る方法

テキサスリグのカバー中層シェイクでバイトを出す裏技 ●他

購入はこちらから


スポンサーリンク




スポンサーリンク





★☆★★☆★ 良かったらこちらの記事もどうぞ ★☆★★☆★



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

wpmaster

本名 欠塚実(カケヅカミノル) 46歳 既婚 子供三人の父親
東京都足立区在住
ホームレイクは亀山湖 現在チャプター房総に参戦中 仕事は主にリールパーツの切削加工 弱小ブランドKAKEDZUKA DESIGN WORKS代表