亀山ダムをニーリングで攻める   ってそれほどで自信ないです。

これはホントに自信ないんですよ。

almost finished

 

もっと打ち系のネタを

続ければよいんでしょうけど、

まあ書いてみたいんだけなんです。

 

好きは好きなんですよ、巻物。

 

とくにクランクベイト。

カバークランキングとディープクランク。

 

釣れるんですけど、

再現性がちょっと少ないかな。

 

まあこんな中級者向け

(さすがに初心者ではないと思う)

の巻物講座ですが、

よかったら笑ってやってくださいね。

 

これはピンのピンで

black-and-white-cartoon-donald-duck-spotlight

 

まずはディープクランクから。

 

亀山ダムのようなメジャーなレイクでは

ディープにおいて

もはや誰も知らないピンスポットは

存在しないと思って間違いないです。

 

なのでそのピンに対して

じっくりとライトリグを通しても

簡単には釣れてくれません。

 

そんなときこそ巻物が良いと

自分は考えてるんですね。

 

本来巻物の釣りは

バスの本能の部分に訴える釣りですから

食わせとは考えてません。

3076154317_372ef2568b_m

しかもメジャーレイクでは

スレてないバスが遠くから

わざわざ泳いでるルアーに

襲いかかってはくれません。

 

ならばピンについているバスに対して

わかっていても口をつかってしまう

メソッドが有効であると考えます。

 

以前の記事の中で、

現在ディープのバスは回遊性が強くなって

あまりピンスポットには依存しない、

というようなことを書きました。

 

それはホントにそう思うんですよ。

 

だから巻物なのかなって。

 

おなじスポットに何度も入り直して

精度良く狙うと

入るたびに釣れるということが

あるんですよね。

 

これはライトリグでは

あまり無いです。

 

ここでゆうディープは

水深4mくらいまでです。

 

たいしてディープでもないですね。

 

でも、

クランクを通すところが4mまでなら

そのスポットを狙えると考えてます。

 

リザーバーだとあるんですよ、

水深8mボトムに

4mくらい突き出しているスポットとか。

 

ボトム10mに木が生えていて

枝が生きてるとか。

 

しょっちゅう崖くずれがあるので

行くたびに新しい沈み物が

増えてたり。

 

通すコースをちゃんと考えると

ディープクランクの使いどころは

少なくないと思ってます。

 

ニーリングよくします

15190308805_12c6d65120_m

 

ディープクランクに7f以上のロッドを使って

なおかつ

ロッドを水中に突っ込んだ状態で巻く、

いわゆるニーリング

 

もともとバスボートなどで

両膝をついた状態でリーリングしてることを

そう言ったらしいです。

もちろんディープクランクをです。

 

これも今はあまり見かけませんが、

非常に有効な方法だと思います。

 

よく動くクランクほど遠投性能が落ちる、

という時代からやっているので

昔から普通にニーリングしてました。

 

マッドペッパーマグナムなどは

あまりニーリングの必要性は

感じません。

 

ですが、

アメリカ製の

”ポー・セダー400”や”DB3ロングキャスト”

(古っる)

などはロングロッドでニーリングをしないと

ぜんぜん使えませんでしたね。

まあ釣れましたけど。

 

人がやらない事をやる

4566065067_fce7a4f810_m

 

亀山で巻物やってるひとはたくさんいますが、

ディープクランク、

それもニーリングしてる人は

見たことないですね。

 

技術というより

ただ人がやらないというだけで

自分だけが釣れる状況って

あるもんです。

 

自分のように、

子育てでブランクがあるような

お父さんアングラーは

またフィールドに出ると

おもしろいですよ。

 

行ってるのは同じフィールドなのに、

周りの人はみんな違う事してますから。

 

使いやすくて

パッケージから出してすぐ使えるルアーって

自分のころは少なかったですから、

いやホント。

 

ハードルアーって使いながら

いろいろイジって釣れるルアーに

なっていくんですよ。

 

だから無くしっちゃった時なんか

凹みますよ。

 

またイチから作らなきゃって。

 

今残ってるハードルアーは

どれも調整を繰り返して

釣れるようになってる一軍ばかりです。

 

でも、

チャプターのエコルールで鉛を

はがしちゃったのとか、

またやり直しだな。

 

キツい。

 

かけづか
フェイスブックの「いいね」&ツイッターのフォローしてもらえると最新記事をお届けします。 instagram(インスタ)

の方もチェックしてみてくださいね。

noteにて有料記事絶賛販売中!

note_logo42225222[2][2][2]

ブログには書かないマニアックなお話を読めます。

リザーバーのカバーで深いバイトを得る方法

テキサスリグのカバー中層シェイクでバイトを出す裏技 ●他

購入はこちらから

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です