亀山ダム 岩盤攻略のキモその②  これが釣れる岩盤です!

前回は岩盤に絡んだオーバーハングを

中心に書きました。

 

今回は良い岩盤エリアの

選定についてお話します。

4183210153_1e580b6411_m

さて、

前回の記事でスキッピングなんてものは

幻想・茶番であるという事が

わかってもらえましたでしょうか。

 

そこで次に、

釣れる岩盤の特徴を見ていこうと

思います。

 

それは岩盤プラス何か、

という事になりますよね。

 

その岩盤はテーブル状になっているか

tables-table-minimalist

船のすぐ下が水深数十メートル

なんてこともめずらしくないリザーバー。

 

切り立った壁になっている岩盤も

そのままの水深であることがほとんどです。

 

その”ほとんど”同じ水深に

変化がある場所ってあるんですよ。

 

そこだけ張り出していて、

適度に浅く

バスにとってベイトを追い込みやすい

という特徴をそなえた場所が。

 

これは普通に岸際を流していると

見落としてしまいがちです。

 

そうゆう場所を見つけるためには

船を岩盤にベッタリつけて、

ディープクランクを岩盤と平行に

引いてみましょう。

13205695343_2e3d381e06_m

 

どうせボトムには届かないですから

何かにヒットしたら、

そこはテーブル状になっている可能性が

高いです。

 

ただ、

先に魚が釣れてしまうという

パターンはよくありますけどね。

 

クランク以外でも、

岩盤と平行に巻きものを引いてくると

反応があった場所は何か絡んでいる

事がよくありますからね。

 

そうゆう場所は覚えておいて、

時間を空けてからノーシンカーなどで

じっくり攻めてみると簡単に釣れたりします。

 

ただしこれは

ほとんど夏のパターンですけどね。

 

その岩盤には木の根っこは出ているか

 

15718304267_4d3cc0b7b7_m

これは探すとけっこうあります。

 

目でみてわかるものから

実際にルアーを投げてみないと

わからないものまで色々ですが。

 

探し方としては簡単で、

岩盤の上に木が生えているかどうか。

 

これが竹林だと岩盤に絡んでいることは

ありません。

(竹の攻め方はまた改めて解説します。)

 

枝っぷりの良い大きな木が

岩盤の上に生えていると、

その根っこが岩盤の途中から出ている

可能性は高いですよね。

 

まあ大減水したときに

探しておくのがてっとり早いんですけど。

 

その場合も岩盤に船をよせて、

ピンポイントにルアーを落としてみましょう。

 

あっさり釣れたりしますよ。

 

その岩盤は濡れているか

 

夏のカンカン照りの時でも

そこだけ濡れている場所が

あるんですよね。

 

そこは湧き水の可能性が高いんですよ。

 

もともと岩盤は水通しがよいですが、

そこは特によい水がたまっているわけです。

 

近くに滝状の流れ込みがあったりするのが

特徴ですね。

18270583553_a92c3b6fe1_m

 

岩盤の隙間から湧き水に混じって

砂や土が積もってます。

 

そこにミミズなどが住み着いたりする

ことがあるとか。

 

雨の日などに

小さい虫やミミズなどが壁をつたって

落ちたりします。

 

なのでノーシンカーを一度壁にのせてから

落としてやるアプローチがよく釣れますね。

 

とにかく複合要素を探せ

 

5893213519_7d8c863921_m

通いこんでるロコアングラーなら

自然とやっていると思いますが、

岩盤プラス何か、

プラス何かなんですよね。

 

要素がたくさん重なってるほど

よいスポットということです。

まあ当たり前ですけど。

 

まとめ

 

最後に釣り方について

お話します。

 

さて、この記事の中に「船を岩盤に寄せて」

と良く書いてますよね。

 

岩盤から離れてなるべく遠くから

プレッシャーをかけないで

アプローチしたほうが良くない?

 

と思いますよね?

 

それはまったくの見当はずれな

見方ですね。

 

岩盤の釣りはピンポイントで狙うのが

基本中の基本なんですよ。

 

なんの変化もない

ダラダラ続く岩盤エリアに

苦労してピンスポットを見つけたんでしょう?

 

そこを大事に狙ってくださいよ。

 

広く探ったって

そこ以外釣れませんって。

 

ピンを中心に考えると

沖に離れるのも

岸と平行に離れるのも

距離は同じでしょう。

 

6685233257_8a9a3acc12_m

 

なら釣りやすいほうから

攻めましょうよ。

 

岩盤と平行にキャストすれば

ちょっとした出っ張りにルアーを乗せて

任意で落としてやることも

簡単です。

 

ピンに触ってる時間も

長く取れるし、

船の操船も楽ですし。

 

そして何より

夏場の日中なんかは

シェードになってるので

涼しいじゃないですか。

 

釣れなくても

そこでひと休みできるという

大きなメリットがありますよ。

 

かけづか
フェイスブックの「いいね」&ツイッターのフォローしてもらえると最新記事をお届けします。最新の記事を見にいく

noteにて有料記事絶賛販売中!

note_logo42225222[2][2][2]

ブログには書かないマニアックなお話を読めます。

リザーバーのカバーで深いバイトを得る方法

テキサスリグのカバー中層シェイクでバイトを出す裏技 ●他

購入はこちらから

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です