亀山ダム フリッピング  エレキを踏まないアプローチ術

やばい、フリッピングについて語りだすと

止まらなくなりますね。

jogging-at-beach

リザーバーでもフリッピングって

特に何も情報とかなかったので

すべて自分の経験から得た知識

だけでやってきました。

 

おそらくこれからも誰も教えては

くれないでしょう。

 

誰もやってないって事は

自分だけの魚がいるってことですね。

 

レンタルボートならではのアプローチ

今回はフリッピングにおいての

アプローチについてです。

 

本場アメリカのフリッパーが

どんなアプローチをしているかは

わかりません。

 

ここでは自分が亀山ダムで築き上げた

アプローチ方法をまたまた

偏った見方で解説したいと思います。

 

とりあえず”だせい”で近づく

という事です。

 

つまりある程度の距離まで近づいて

けっこうな距離を残したまま

惰性で近づきながらプレゼンテーションする、

という感じですね。

 

ここで以前にお話しした、

船が進む事によってルアーをフォール

させていく、というアプローチですよ。

 

ということは、

そのままエレキを踏まないと

カバーに突っ込んでしまいますね。

 

はい、それでOKです。

 

つまり、

どうせカバーに対して一発勝負なので

船が近づくのとアプローチするのは

一連の動作になる訳です。

 

まあ、すべてのカバーに対して

このアプローチが絶対ではないですが、

ここ一番、ここで絶対良いヤツ捕りたい!

というときはこの方法有りです。

 

その代わりミスると二度目はありませんので

まさに玉砕戦法ですよ。

 

エレキは踏まない

この釣りのアプローチにおいて、

基本的にエレキは踏まない方が

よいですね。

 

シャローの釣り全般に言える事ですが、

エレキの水流やらスイッチのON・OFFやら、

エレキを踏む動作で船が揺れるのさえ

バスに警戒心をあたえると言えますからね。

 

とくにレンタルボートのような

小さな船の場合はよけいに気を

使いますね。

2015-07-08 06.24.07

エレキを踏むのがうまい人は

船の上で常に安定して立ってますよね。

 

キャストも最小限の力で船がまったく

ゆれることなくマシンのように

淡々と繰り返します。

 

つまりそうゆうことです。

 

バスにとっては大きな浮遊物が

ゆっくり近づいてくるのを気づいていながらも

不自然な動きがなければ

さほど警戒していないと思われます。

 

バックシートは無理ですよ

前でフリッパーがエレキを踏んでいたら、

それはつまりバックシートの人は

死んでるも同然です。

 

chimpanzee-751238__180

これはレベルの高いフリッパーなら当然ですが、

フリップビギナーが踏んでても

結果は同じなんですね。

 

釣り残してくれるからバックシートにも

チャンスがあるかも、と思っても

この釣りは釣れないなら釣れないで

そのスポットはつぶれます。

 

超接近戦ですからね。

 

後ろに釣らせようとすればできますが、

前の人が真剣にやったら

もう無理ですね。

 

日本のフリッピング第一人者の

林圭一さん(現ケイテック社長)

がかつて記事に書いてましたが、

 

アメリカでディートーマス

(アメリカでフリッピングの産みの親といわれる人物)

と同船した際に

前でエレキを踏んでいたディートーマスの

うしろでまったく釣れなかったらしいですからね。

 

林さんをもってしても

バックシートは釣れないということです。

 

余談ですが、

この頃ディートーマスはバキュームクリーナー

と呼ばれていたらしい。

 

 

同じころアメリカで、

かのゲーリーヤマモトにその話しをしたところ、

顔をしかめてそう言われたそうです。

 

あいつの流したあとはペンペン草も生えない、

的な事を言ってたとの事です。

おそろしい。

 

まあ、そのレベルでは当然かもしれませんが、

そうでなくても二人乗船でのフリッピングは

バックシート殺しです。

 

今まで私の後ろに乗った方がた、

すいませんでした。

また行きましょうね!

 

かけづか
フェイスブックの「いいね」&ツイッターのフォローしてもらえると最新記事をお届けします。最新の記事を見にいく

noteにて有料記事絶賛販売中!

note_logo42225222[2][2][2]

ブログには書かないマニアックなお話を読めます。

リザーバーのカバーで深いバイトを得る方法

テキサスリグのカバー中層シェイクでバイトを出す裏技 ●他

購入はこちらから


スポンサーリンク




スポンサーリンク





★☆★★☆★ 良かったらこちらの記事もどうぞ ★☆★★☆★



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

wpmaster

本名 欠塚実(カケヅカミノル) 46歳 既婚 子供三人の父親
東京都足立区在住
ホームレイクは亀山湖 現在チャプター房総に参戦中 仕事は主にリールパーツの切削加工 弱小ブランドKAKEDZUKA DESIGN WORKS代表