ラダーの修理について 基本、永久保障です。

20151129_114941

いろいろと工夫されてるお客さんでした。結構使い込んでくれてます。

 

 

オリジナルボートラダーPROⅡの修理をしました。

お客さんが直接持ち込まれたので、30分ほど預けて頂き、

その場で溶接してお渡ししました。

 

KAKEDZUKA DESIGN WORKS製のラダーは基本修理代無料です。

送料のみお客様負担であれば殆どの修理は可能です。

 

当ブログで説明していますが、ステンレス製ラダーということで表面処理をしていません。

 

なのでいつでも溶接修理が可能です。

 

部品はすべて自社で製造しているので、パーツが無いと言う事はありえません。

 

多少もでるチェンジしてるので、完全に元の状態に戻すのは無理かもしれません。

 

でも、本来ラダーというのはフィールドでガンガン使うものですから、

過度のキレイさとか装飾に手間をかけてコストを上げても意味は無いと思ってます。

 

ただ今回修理の依頼をされたお客さんは色々とご要望を言ってくれました。

その一つがメーカー名くらい入れて欲しいという事でした。

 

う~ん、確かにそのくらいは入れても良いかな。

次のロットからは検討します。

 

かけづか
フェイスブックの「いいね」&ツイッターのフォローしてもらえると最新記事をお届けします。

noteにて有料記事絶賛販売中!

note_logo42225222[2][2][2]

ブログには書かないマニアックなお話を読めます。

リザーバーのカバーで深いバイトを得る方法

テキサスリグのカバー中層シェイクでバイトを出す裏技 ●他

購入はこちらから


スポンサーリンク




スポンサーリンク





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

wpmaster

本名 欠塚実(カケヅカミノル) 46歳 既婚 子供三人の父親 東京都足立区在住 ホームレイクは亀山湖 現在チャプター房総に参戦中 仕事は主にリールパーツの切削加工 弱小ブランドKAKEDZUKA DESIGN WORKS代表