オリジナルのツールスタンドです((@^ェ^@))

20150930_082925

これは本当に自分が欲しくて作ってみたものです。

このなかのどれの話だよ、ってなりますよね

アセアセ( ̄_ ̄ i)タラー

20150930_083325

これでございます。

 

ジュラルミン削り出し、

無駄に頑丈なツールスタンドです。

 

最大の売りは雰囲気です!

 

…ではなく、

HEDGEHOG STUDIOのアルケミーオイルを

立てるためのものに、

どうせならドライバーや専用ツールも

セットできるようにしようと思いついて

削ってみました。

 

オイルが転がって大惨事・・・(゚_゚i)タラー・・・

リールメンテナンスをしていて、

アルケミーオイル(樹脂容器の他社製品もそうですが)

の蓋を開けたままにしておいて

倒して転がしてしまい

机の上が大変な事になってしまった…

 

みなさんはこんな経験ないでしょうか?

 

私はあります!

 

威張って言うことでも(ことでは)

ないのですが、

それってチョッとした大惨事ですよね。

 

ただでさえ高級なオイルがこぼれて

無駄になってるうえに、

机のうえがオイルでテカテカなんですよ。

 

結構片付け下手の自分の場合、

その机でオイルがこぼれると…

 

大変でした。

 

メンテ道具を一まとめに

今の仕事になってからですが、

仕事柄リールをバラす事が多くなりました。

 

そうなってくると自分のリールもメンテしたくなるもので、

一通りのツール類を揃えてみたんですよ。

 

WERAのマイクロドライバーが一本平均600円位と

高いっちゃ高いですが、

買えなくはないです。

 

それにHEDGEHOG STUDIOの隠れた

(別に隠れてないけど)名品、

ベアリングチェックツールハンドルノブキャップリムーバー

20150930_222331

そしてトラストレンチ

20150930_222346

これらは以前からHEDGEHOG STUDIOで取り扱っていたものを

自分がリニューアルデザインしたものです。

ここでは細かい説明は割愛しますが、

リールメンテナンスの際にあると非常に便利な一品です。

 

それらはリールメンテやオーバーホールの際に

いつも一緒に使うので一緒に箱に入れてたり

してたのですが、

ペンと同じで倒しておくとスペース取るんですよね。

 

狭い作業スペースに対して

なんとかコンパクトにツールをおきたいと

思ってるところにこれを思いつきました。

20150930_083642

使ったらすぐ戻す訳でもないんですが、

なんとなく置き場所が決まってると

仕事に集中できるんですよね。

 

これにすべてが収まるんでも

ないですが、

これを引き寄せて目の前に置くと

なんか良い感じに盛り上がってくるんですよ。

 

やっぱり最大の売りは雰囲気ですかね。

これも少量ですが、

ONLINE SHOPに置いてありますので

興味が沸いた方は除いてみてくださいね。

(# ̄ー ̄#)ニヤ

 

かけづか
フェイスブックの「いいね」&ツイッターのフォローしてもらえると最新記事をお届けします。

noteにて有料記事絶賛販売中!

note_logo42225222[2][2][2]

ブログには書かないマニアックなお話を読めます。

リザーバーのカバーで深いバイトを得る方法

テキサスリグのカバー中層シェイクでバイトを出す裏技 ●他

購入はこちらから



SPONSORED LINK





SPONSORED LINK




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

wpmaster

本名 欠塚実(カケヅカミノル) 46歳 既婚 子供三人の父親 東京都足立区在住 ホームレイクは亀山湖 現在チャプター房総に参戦中 仕事は主にリールパーツの切削加工 弱小ブランドKAKEDZUKA DESIGN WORKS代表