レンタルボートにラダーを付けると魚が釣れる その②シャロー

前回に引き続きまして、
ラダーを付けるとなぜ魚が釣れるのか?
という話をしたいと思います。

 

20150909_231808

 

今回は具体的に釣りとの関係についてですが、
まずはシャローのお話しから。

 

シャローを釣る時、

出来るだけエレキを踏まない方がいいというのは

わかると思います。

 

が、実はキャストを始める前の段階から

勝負は始まっています。

お分かりかとは思いますがズバリ、
ファーストアプローチが大切です。

狙ったポイントに対して船を近づける際に

引き波をたてずに近づきたいですよね。

 

20160518_074623

 

そしてキャストしやすい船の向きを考えて

狙いのスポットに向かってキャストする訳です。

 

その時ボートポジションを出来るだけ

一定の位置に止めておきたいですよね。

ラダーが無い状態だとリヤが勝手に回ってしまい、

フロントの操船だけでは非常にやりにくいですし、

余計に踏んでしまいプレッシャーをかけてしまいます。

 

惰性で近づく

というのは大事な部分ですが、

風がある時などは狙ったスポットに対して

真っ直ぐ近づけないこともしばしばですよね。

こんな時もラダーが付いていると

船の挙動を制御出来るので

無駄にエレキを踏まなくてすみます。

 

狙いのスポットから離れたところで

踏むのをやめて惰性で近づき、

自分の距離になったところで狙いのすまして

キャストするのが理想的だと思います。

 

特に風のある時は

絶対的にラダーの効力を実感できます。

 

スポンサーリンク

サイトフィッシング

シャローと言えばサイトフィッシングですよね。

サイトで大事なことは魚を探す時に

体を動かさないことです。

 

目線だけを動かして

魚を探すのが基本中の基本です。

 

偏光グラス越しなら魚と目が合うこともありません。

 

でも、船の挙動を制御出来ないと

不安定に体を動かしているので

魚から警戒されてしまうんです。

 

時には一発でキャストを決めなければ

釣れないという時も多々ありますから。

 

船の挙動を最小限に抑えるためにも

ラダーは必須です。

 

スポンサーリンク

とにかく最短距離で

 

船を真っ直ぐ、

そしてゆっくり進めるためには

ラダーが絶対に必要であると考えます。

ちなみにサイトの達人は

信じられない速度で船を進めながら

魚を探してます。

 

それは、

船を思い通りに操船できる

というのが絶対条件ですよね。

サイトで魚が見つけられないとか、

見つけた魚がすぐ逃げてしまう

という経験は誰でもあると思いますが。

 

もしかするとラダーをつけてなかったりしませんか?

そればかりが原因ではないと思いますが、

少なくとも自分はラダーがないと

サイトは成立しないと思ってます。

その他バンク沿いを流す際にもラダーがないと

リヤを常に気にしながらの操船に

なってしまいます。

 

油断してるとリヤがバンクに近づき過ぎて

そのスポットを荒らしてしまう、

ということもあります。

 

20150909_231829

 

そんな時はラダーの向きをわざと曲げて、

進めると勝手にバンクから

リヤが離れるようにしてやる

という裏技もあります。

こんな具合にシャローにおいてのラダーの効果は

まだまだあるのですが、

とにかく使ってみて頂きたいですね。

さて次回はディープにおいての

ラダーの効果をお話しします。

こちらも深い話になりそうですよ、

ディープだけに…(´_`。)

 

かけづか
フェイスブックの「いいね」&ツイッターのフォローしてもらえると最新記事をお届けします。

noteにて有料記事絶賛販売中!

note_logo42225222[2][2][2]

ブログには書かないマニアックなお話を読めます。

リザーバーのカバーで深いバイトを得る方法

テキサスリグのカバー中層シェイクでバイトを出す裏技 ●他

購入はこちらから


スポンサーリンク




スポンサーリンク





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

wpmaster

本名 欠塚実(カケヅカミノル) 46歳 既婚 子供三人の父親 東京都足立区在住 ホームレイクは亀山湖 現在チャプター房総に参戦中 仕事は主にリールパーツの切削加工 弱小ブランドKAKEDZUKA DESIGN WORKS代表