房総チャプター最終戦 試合本番です。((((o゚▽゚)o))) ドキドキ♪

さて試合当日です。

20150916_063145

試合展開などを詳しくお伝えできれば良いのですが、

こんな自分でもやはり真剣モードなので

余裕はまったくありません。

 

試合中に写真撮りまくってるのも怪しすぎますしね。

 

なので自分なりの総括という形でお伝えしたいと思います。

 

スタート直後のキッカー!!

前日プラの状況から数は苦労しないと決めこんで、

しかもリミットを揃えてそこそこな順位を狙う意味もまったく無く

パワーフィッシング用の3タックルのみ積み込み勝負をかけました。

20150916_063130

フリッピンロッド8フィートメタニウムXGにナイロン30ポンド

ライトカバーテキサス用68MHにメタニウムXGにフロロ16ポンド

スピナーベイト1/2用7フィートMフロロ12ポンド

の3本です。

ちなみにリールはすべてHEDGEHOG STUDIOとAvailのカスタムパーツで完全武装。

遠投性能よりもショートピッチングの精度を重視したセッティングです。

これは後日詳しく説明いたします。

 

試合展開は朝一ほぼスタートエリア内といっても良いほどの近場、

竹が倒れた強烈ブッシュの中にフリップ開始。

 

朝一のアドレナリンドバドバ状態のタイミングです。

 

数振り後違和感を感じて渾身のフッキング!!!

30センチ以下の魚だったら口だけ飛んできたかも知れない程

全力のフッキングです!

 

スタートから10分と経ってないうちに1700gオーバー(検量後に逆算するとこのウエイト)
のキッカーが入るという予想外の展開。

早くも3Kgが見えてきたので急遽プラン変更でリミットを取りに

プラで見つけていたストレッチに急行!

 

そこからは思いもよらない展開でした。

 

昨日あれだけ釣れたストレッチがまったくの不発…。

ところどころ見つけていた単発スポットもことごとく不発。

 

思いつきで入った岩盤に浮きゴミと倒木が絡んだスポット

で30cmくらいが入りあと一本でリミット。

 

でもバックアップは何もなし。

ライトリグもやる気はなし。

 

望みをかけた大場所の岬に絡んだブッシュで推定キロオーバーをかけるも

ブッシュの中から魚を出せず、

エレキで突進して手を突っ込むも木化け。

 

その後はこれでもかというくらいもがきまくりましたが、

何も起こらず終了でした。

 

2本で2200g・第五戦9位

 

1442456215179

見ての通りの結果です。

小さい方はキロ秤で450gだったので

もう一本は1700何ぼという事になります。

 

普通これが朝一に入れば優勝に絡みますね。

 

最低でもお立ち台へのフリーパスです。

 

でも試合を通してやり切りました。

そうでないと見えないものもあると感じる事ができました。

 

早くも来期に向けての課題がハッキリ見えました。

 

今年一度もリミットを揃えられなかったのは

守りの手駒を持ってないという事でした。

 

上位に入る選手はライトリグのスキルをしっかり持っていて、

その上でキッカーを取る経験値を重ねているんだと実感しました。

 

色々な方の話を聞けて

自分としては非常に有意義なトーナメントシーズンでした。

 

ものづくりを中心に

でも成績も考えながら来シーズンまでに課題に取り組みたいですね。

 

今年お世話になりました

HEDGEHOG STUDIO様

Avail様

そのほかお世話になった方々にお礼申し上げます。

ありがとうございました。

 

かけづか
フェイスブックの「いいね」&ツイッターのフォローしてもらえると最新記事をお届けします。最新の記事を見にいく

noteにて有料記事絶賛販売中!

note_logo42225222[2][2][2]

ブログには書かないマニアックなお話を読めます。

リザーバーのカバーで深いバイトを得る方法

テキサスリグのカバー中層シェイクでバイトを出す裏技 ●他

購入はこちらから


スポンサーリンク




スポンサーリンク





★☆★★☆★ 良かったらこちらの記事もどうぞ ★☆★★☆★



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

wpmaster

本名 欠塚実(カケヅカミノル) 46歳 既婚 子供三人の父親
東京都足立区在住
ホームレイクは亀山湖 現在チャプター房総に参戦中 仕事は主にリールパーツの切削加工 弱小ブランドKAKEDZUKA DESIGN WORKS代表